レーザー墨出し器 水平

レーザー墨出し器 水平

・水平の出し方を知りたい
・使い方の解説
・赤と緑の違い
・アドセンス

 

 

 

 

 

レーザー墨出し器の動画を見るとどれも綺麗に水平な線を引いたり、直角な角を出していったりと見れば見るほど「うゎ〜。やってみたい。」と思うものが多いですよね。

 

しかし、初めてレーザー墨出し器を使うとき使い方わかりませんよね?

 

 

 

レーザー墨出し器を使って墨出ししていく場合に、クロスのラインは引けても水平のラインを何本も引くとなると難易度があがります。

 

ではどうすればいいのか?

 

今回は正しい水平の出し方を勉強していきます。

 

スポンサーリンク

 

もくじ

 

 

 

初心者でもレーザー墨出し器で墨出しが出来る準備

 

レーザー墨出し器で墨出しをしていく場合に水平を取っていくのに必要なのは、

  • レーザー墨出し器
  • 下げ振り

の2つになります。

 

三脚はあれば尚良いのですが、無ければ地面に置いて使ってもかまいません。

 

 

 

レーザー墨出し器の使い方

 

レーザー墨出し器の使い方を説明していきます。

 

初心者の人でもこの順番にやっていけば簡単に水平ラインを墨出ししていくことができますよ!

 

 

垂直線を取る

 

レーザー墨出し器を使う際、まずは垂直線と言われる縦線を取っていきます。

 

縦線を取る時に垂直を取る位置を決めます。
この位置は壁際にしましょう。

 

そこで、糸の先に重りをつけてまっすぐ垂らしていきます。
糸は重力で真下に引っ張られるのでその糸にレーザーのたち線を合わせていきます。

 

大工工事など正確な垂直をとる場合にはそうやって位置を決め、水平はその線に”サシガネ”(三角定規)を使い直角に水平を出します。

 

 

水平を取る

 

ほとんどのレーザー墨出し器では垂直線を取れば水平線も自然と取ることができます。

 

レーザー墨出し器は精密機器なので、ほぼ寸分の狂いも無い直角を取っていくことができます。

 

 

 

水平の線を数本取りたい

 

難しいのはここですね。

 

垂直線を1本取れば、垂直線に対する水平線がレーザーで出ているので1本は水平線を取ることができます。

 

問題は、1本の水平線に対し数本の平行線を取っていく場合です。

 

1回1回高さを変える度に垂直線にたち線を合わせて平行を取っていくのは面倒だし時間も労力も使います。

 

 

そこで、おすすめなのがエレベーター三脚です。

 

エレベーター三脚は水平ラインの高さを簡単に調整できる優れものです。

 

初心者の人はかなり作業の時間短縮に繋がりますので、レーザー墨出し器を購入するときに同じメーカーのエレベーター三脚を買っておききましょう。

 

エレベーター三脚と受光器は持っておくと本当に便利です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

レーザー墨出し器のレーザーの色はグリーンとレッドどっち?

 

レーザー墨出し器はレザーの色がグリーンとレッドがあります。

 

新たにレーザー墨出し器を買うときはグリーンレーザーの墨出し器を買うようにしましょう。

 

従来のレーザー墨出し器は赤のレーザーが多かったのですが、天気の良い日中に屋外で仕事をする際に太陽光で墨出し線が見えにくかったりしたことから色が見直され緑のレーザー墨出し器が多くなっています。

 

また夕方の日差しで屋内の壁のレーザー線が見えなくなったりと、なにかと太陽と相性が悪かったようで今ではグリーンのレーザー墨出し器が主流になっています。

 

グリーンのレーザーだと太陽で見えなくなることもなく作業の効率が上がりますよ。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

レーザー墨出し器を使った水平な線の引き方とレーザー色について説明してきましたが、あなたが実際に使うイメージは湧きましたか?

 

個人で作業する場合は、レーザー墨出し器は無くても作業が行えるいわゆる贅沢品かもしれません。

 

しかし、あることで作業の効率が格段に上がり、また次回はよりハードルの高い作業が視野に入ってくるのではないでしょうか?

 

 

ワンランク上の工事・作業が可能になりますよ。

 

レーザー墨出し器は趣味の範囲としてはかなりオススメのアイテムですし、仕事で依頼を受けての工事などで使われる際は必須です。

 

 

スポンサーリンク