墨出し器

墨出し器

昔の墨出しといえば黒つぼ、チョークなどが主流でしたが現在では使われることがほとんど無く『墨出し器』といえばレーザー墨出し器をほとんどの人が思い浮かべます。

 

 

墨出し器がレーザーになってから作業効率が格段に上がりました。

 

墨出しとは、図面の情報を現場に作図していく作業のことで、現場の基礎の基礎の部分の下書きを行うことです。

 

この作図をミスしていると、全体に狂いが生じるため墨出し器には正確さが求められます。

 

特に電気工事、建築における墨出しは寸分の狂いも許されません。

 

今となっては業者の人には必須のアイテムと言ってもいいのではないでしょうか?

 

 

墨出し器を、一般家庭で持たれている人も多くDIYや壁に線を引いたり庭をデザインしたりなど様々な場面で役に立ちます。

 

最近では、たまに使う程度に欲しいな。という人でも手の出しやすい価格でレーザー墨出し器が販売されていますのであるとすごく便利ですよ!

 

 

 

墨出し器で水平をだしていきたい

 

墨出し器ですっごい水平を出していきたい時ってありますよね。(ない)

 

誰しも水平線くらい綺麗な真横の線を引きたいときってありますよね。(絶対ない)

 

 

詳しく水平を出す仕組みが解説してあります。
>> レーザー墨出し器で水平を出したい。

 

 

墨出し器では正確な縦線(垂直線)に内部の反射板などを利用し水平な真横の線を出していきます。

 

綺麗に直角を取ることができるので、墨出し器と三角定規があれば作図はサクサク進んでいきます。

 

 

 

レーザー墨出し器のレーザー色が赤から緑に。グリーンレーザーの誕生

 

レーザー墨出し器が登場した当初はほとんどのレーザー色がでした。

 

しかし日中に見えにくかったり、屋外の使用に適さないことから、のグリーンレーザー(グリーンダイオード)がよく使用されるようになりました。

 

>> レーザー墨出し器のグリーンレーザーは本当にすごかった

 

この記事に詳しく書いてありますが、
グリーンレーザーになったことで日中の屋内外問わず墨出しをすることが可能になりました。

 

赤レーザーでも不可能ではないんですが、夕日が差し込んできたりすると見えにくかったり、または見えなくなってしまいます。

 

その点グリーンダイオードのグリーンレーザーは濃い緑色で日中の屋外でも墨出しがしやすくなりました。

 

技術の発展で作業効率がさらに上がっていっています。

 

今では、わざわざレッドレーザーの墨出し器を選ぶ人は少ないのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

 

 

せっかく墨出し器を使うならフルラインの墨出し器がいい

 

墨出し器はラインの数も様々で少ないものだと、縦横の2ラインだったりしますが、せっかくなのでフルラインの墨出し器を選ぶといいでしょう。

 

フルラインとは、前後左右の4方向360度レーザーで線が引かれている墨出し器をいいます。

 

前方だけでなく、後方もレーザーで墨出しできるので作業が広範囲の時に便利です。

 

室内の電気工事などのときはかなり役立ちます。

 

>> フルラインのおすすめの墨出し器一覧

 

 

 

レーザー墨出し器の小型化が進んでいる

 

元々小型のレーザー墨出し器はありますが、フルラインを墨出しするような機械は大型のモノがほとんどでした。

 

しかし、技術の進化によりどんどん小型化が進んでいき、今では小型レーザー墨出し器と変わらないような大きさでフルラインの墨出しを行えるレーザー墨出し器が増えてきています。

 

小型化が進むことで持ち運びが便利になり、また収納もスペースを取りません。

 

小型化が進んだことで、業者さんではない一般の人も所有しやすくなったので、レーザー墨出し器を持っている人が増えてきています。

 

>> レーザー墨出し器の進化がスゴイ。どんどん小型になっていく。

 

 

レーザー墨出し器が小型化して便利になりましたが、精密機械であることに変わりはありません。

 

最近のモデルだと『耐衝撃度アップ』などと書いているレーザー墨出し器もありますが、取り扱いの際は慎重に取り扱いましょう。

 

>> レーザー墨出し器は調整が必須

 

 

 

レーザー墨出し器を屋外で使いたい

 

 

レーザー墨出し器は最新のグリーンレーザーのものだと天気の良い日中に屋外で充分に使用することができます。

 

価格が高くて性能が良いのは当たり前なんですが、最近では低価格の墨出し器で外で使って問題ないものもあります。

 

低価格で性能の良い墨出し器、いわゆる『コスパの良い墨出し器』が増えてきています。

 

>> 屋外で力を発揮するレーザー墨出し器の特徴
>> 激安のレーザー墨出し器

 

 

 

レーザー墨出し器の調整・メンテナンス方法は?

 

レーザー墨出し器は便利で低コスト化してきたといっても精密機械であることにかわりはありません。

 

最初の墨出しの段階で設計からズレていてしまっては大きなミスにつながります。
建設などの場合は大きな事故に繋がりかねません。

 

レーザー墨出し器は定期的なメンテナンスが必須です。

 

>> 意外な落とし穴。調整が高すぎるレーザー墨出し器販売店

 

 

レーザー墨出し器は調整が必須ですが、精密機械のため素人では行うことができません。

 

なので、レーザー墨出し器を買ったショップで調整・メンテナンスしてもらうのが一番です。

 

レーザー墨出し器を買うときはお店で調整してもらえるのか、調整にはいくらかかるのかも把握して買いましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

 

激安のレーザー墨出し器

 

amazonや楽天市場、大型のホームセンターなどでも取り扱いがあります。

 

その中で激安のレーザー墨出し器が販売されています。

 

価格があまりにも安いレーザー墨出し器はどうなのか?
しっかりと役目を果たすのか?

 

安いに越したことはないですが、しっかりと墨出しできないと意味内ですからね。

 

>> 激安レーザー墨出し器は本当に大丈夫?

 

 

激安のレーザー墨出し器はDIYや自宅の庭の手入れくらいのレベルの工事なら問題なく使えます。

 

依頼を受けての工事で激安レーザー墨出し器を使うのは控えたほうが良さそうです。

 

個人で使う分には大丈夫といったところですね。あくまで趣味程度の作業ならOKです!

 

 

 

レーザー墨出し器を比較!

 

レーザー墨出し器の選び方ですが、これが絶対に良い!というレーザー墨出し器はありません。

 

理由は、個人でレーザー墨出し器を使いたい人と、業者・会社の道具として使いたい人では求めるスペックが違うからです。

 

>> レーザー墨出し器を徹底比較!ランキングでおすすめのレーザー墨出し器をご紹介!

 

 

個人の人と業者さんどちらも使えるおすすめのレーザー墨出し器は『VOICE』のレーザー墨出し器です。

 

業者の墨出しにも使えるスペックで、個人の人でも買いやすい低価格だからです。

 

 

  • スルラインで墨出しができ、最新のグリーンダイオードを使ったレーザー。
  • 国家資格所有の技能士による設計
  • 1年間のメーカー保障
  • メーカー保障終了後の格安のメンテナンス費用
  • 楽天市場で1位4冠獲得

など様々な魅力が詰まったレーザー墨出し器が『VOICE』です。

 

>> VOICEのスペックをチェックする